パンデミック中の排出量の減少は気候リスクを低減しなかった、Rhodium

投稿日:

(2020年7月6日)

S & PグローバルプラッツのシニアエディターであるJeffreyRyserによるこの記事は、もともと に掲載されました。 プラッツメガワットデイリー ニュースレター。

■アナリストは「脱炭素化の目標に達していない」と述べています

■経済の減速は炭素を削減する最善の方法ではない

コロナウイルスの大流行により、石炭火力、輸送用のガソリンやジェット燃料の需要が鈍化したものの、温室効果ガスの排出量の減少はそれほど大きくはありませんでした。 「物理的な気候変動の全体的なリスクを軽減e」、ロジウムグループの気候エコノミストによると。

「COVID-19の影響の深さと長さについてはまだ不確実性があります」と、ロジウムのエミリーウィンバーガーは6月22日のウェブキャストで述べました。 「ネタバレ注意」と彼女は言いました。「米国の排出量はCOVID-19の封鎖下にありますが、私たちはまだ脱炭素化の目標に達しておらず、予見可能な将来にわたって気候変動に関連する物理的被害に直面し続けるでしょう。」

米国と世界の両方でCO2排出の主な原因である2つのエネルギー部門(輸送部門と電力部門)のうち、影響を受けたのは輸送部門でした。グループのエコノミストによると、COVID-19。

パンデミックの最盛期には、4月中旬に石油製品の需要が30%減少し、ガソリンの需要が46%減少し、ジェット燃料の需要が減少しました。前年比70%。電力需要は3月に17%、4月に20%減少しましたが、需要の減少は石炭火力発電に最も大きな打撃を与えました。

コストのかかるCO2削減

ロジウムのアナリスト、ハンナピットが提供したデータによると、4月15日から5月15日までの間に、石炭火力発電は全体の15%に減少しましたが、 2019年の同時期の合計。

同時に、ガス火力発電は前年の33%から35.8%に増加し、再生可能エネルギーからの発電は10.8%から14%に増加しました。カーボンフリーの原子力発電は約22.3%にとどまりました。

ピットによると、4月15日から5月15日までの間に輸送部門からのCO2排出量は31%減少し、電力部門では3月の間に16%減少しました。 15日と4月15日、4月15日から5月15日までの間に11%。

しかし、景気減速によるCO2排出量の削減はコストがかかり、持続​​可能ではないと彼らは指摘しました。

GDPの低下の大きさを考慮に入れると、パンデミックの最盛期におけるCO2削減の推定コストは、1メートルトンあたり2,500ドルから3,000ドルになります。これは、Dynamo EnergyHubが主催するウェブキャストでピット氏が述べたものです。

脆弱な資産

Rhodiumのアナリストは、COVID-19「気候変動に関しては、私たちを危険にさらすことはありません。

Rhodiumのエネルギーと気候のディレクターであるEmilyGrover-Kopecは、世界の平均気温は産業革命以前から2度上昇したと述べました。過去数十年間でレベルが1度を超えています。

「経済的影響は地域によって大きく異なります」と述べ、気候変動に対して最も脆弱であると考える資産クラスを尋ねました。彼女は、沿岸地域は明らかに海面上昇に対して脆弱であり、湾岸はおそらく高水位とハリケーンに対して最も脆弱であると述べた。

COVID後の気候変動で何が起こる必要があるかを尋ねた。 「まだ多くの変化が起こる必要があります。」彼女は、排出量の減少数のいくつかはすでに景気回復の影響を感じていると述べた。しかし、彼女は、COVID-19の後、「人々は同じ車、同じ工場を持っているでしょう」と言いました。

—ジェフリーライザー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です