インドのサイバー法とは

投稿日:

(12月12日) 、2020)

インドのサイバー法は独立した法律ではありませんフレームワーク。契約、知的財産、データ保護、プライバシー法の組み合わせ。コンピューターとインターネットが私たちの生活のあらゆる側面を引き継ぐ中、強力なサイバー法が必要でした。サイバー法は、情報、ソフトウェア、情報セキュリティ、電子商取引、および金銭取引のデジタル流通を監督しています。

2000年の情報技術法は、新時代の犯罪の全範囲に対応しています。コンピュータ技術、モバイルデバイス、ソフトウェア、インターネットはどちらもこのような犯罪の媒体であり、標的です。

盗難、詐欺、偽造、名誉毀損、いたずらなどの従来の犯罪活動はすべてサイバースペースの一部です。これらはすでにインド刑法で扱われています。

内容の表:

  1. インドにおけるサイバー法の重要性
  2. サイバー犯罪の種類
  3. インドにおけるサイバー法の進化
  4. サイバー法の必要性
  5. 2000年の情報技術法とは何ですか?
  6. 方法サイバー犯罪を防止しますか?
  7. よくある質問

対処するには、強力なサイバー法が必要でした:

インドにおけるサイバー法の重要性

インドにおけるサイバー犯罪行為には以下が含まれる主な理由から、インドのサイバー法またはインドのサイバー犯罪法は重要です。インターネット上またはインターネット上で発生するすべての側面-トランザクション、およびインターネットとサイバースペースに関連する活動をカバーしています。

「インドは、最大の接続性と最小のサイバーセキュリティリスクを確保することにより、国内の電子商取引と電子ガバナンスへの道を開きました。また、範囲を拡大し、デジタルメディアの使用を拡大します」と、 クリシュナモハンKメノンを提唱しています。 a>

サイバー犯罪の種類

インドでは、サイバー犯罪の種類によって罰則が異なります。

  • 個人情報の盗難 —個人の個人情報が、その財源を使用したり、名前でローンやクレジットカードを取得したりする目的で盗まれた場合、そのような犯罪は次のように知られています。個人情報の盗難。
  • サイバー犯罪 —強奪またはあらゆる種類の危害の脅威が個人、組織、グループ、または州、それはサイバーテロの犯罪として知られています。通常、これには、政府および企業のコンピュータシステムに対する綿密に計画された攻撃戦略が含まれます。
  • ネットいじめ — 10代または青年がインターネット、電話、チャットルーム、インスタントメッセージング、またはその他のソーシャルネットワークを使用して誰かに嫌がらせ、名誉を毀損、または脅迫する場合、その人はネットいじめの犯罪を犯していると言われます。同じ犯罪が大人によって行われる場合、それはサイバーストーキングとして知られています。
  • ハッキング —最も一般的なサイバー犯罪isHacking。この犯罪では、その人は他の人のコンピュータとパスワードにアクセスして、それを自分の不法な利益のために使用します。
  • 名誉毀損 —すべての個人はインターネットプラットフォームでも言論の自由を持っていますが、その発言が一線を越えて個人や組織の評判を傷つけた場合、名誉毀損法で起訴される可能性があります。
  • 著作権 —データ/情報がすべてのプラットフォームに配信されると、インターネットユーザーが急増します、作品の著作権は、作品の使用を制限するのに役立ちます。あなたの許可なしにあなたの著作権を使用することは罰せられる犯罪です。
  • 企業秘密 —インターネット組織は支出しますソフトウェア、アプリケーション、およびツールの開発に多くの時間とお金を費やし、データと企業秘密を盗難から保護するためにサイバー法に依存しています。罰せられる犯罪です。
  • 言論の自由 —インターネットに関しては、言論の自由とサイバー犯罪者であることの間の非常に細い線です。言論の自由により個人が自分の心を話すことができるため、サイバー法はウェブ上での猥褻さや猥褻さを控えています。
  • 嫌がらせとストーカー行為-インターネットプラットフォーム上でも嫌がらせやストーカー行為は禁止されています。サイバー法は被害者を保護し、この犯罪に対して犯罪者を起訴します。

インドにおけるサイバー法の進化

テクノロジーの使用への依存度が高まるにつれ、サイバー法の必要性が必要になりました。すべてのコインに2つの側面があるのと同じように、テクノロジーへの依存には長所と短所があります。 21世紀の台頭は、2000年の情報技術法(一般にIT法として知られている)によってインドのサイバー法の進化を示しました。史上初のサイバー犯罪は1820年に記録されました[ pdf ]。

インドの情報技術法の目的は次のとおりです。

  • すべての電子取引に法的承認を提供する
  • オンラインで契約を受け入れるための有効な署名としてデジタル署名を法的に認める
  • 銀行家や他の組織が会計帳簿を電子形式で保持することを法的に認める
  • 保護オンラインプライバシーとサイバー犯罪の阻止

インドのIT法により、インド準備銀行法とインド証拠法が更新されました。サイバー法の進化に伴い、ほとんどすべてのオンライン活動が精査されました。ただし、サイバー法に関する1つの点は、インドのサイバー犯罪法が適用されない特定の分野があることです。たとえば、次のようなものです。

  • 為替手形以外の譲渡状
  • 委任状
  • 意志
  • 不動財産の販売または運搬の契約
  • 中央政府は文書または取引を通知しました

サイバー法の必要性

テクノロジーに精通した現在の世界では、サイバー法とサイバー犯罪という言葉もより洗練されています。インターネットとテクノロジーは、研究目的で人間の生活を楽にするために立ち上げられましたが、インターネットの使用と人々の数が増えるにつれて、インドでのサイバー法の必要性が感じられました。インターネットの性質は匿名であるため、サイバー犯罪を犯すのは簡単です。そのため、多くの人がこの側面を大いに誤用する可能性があります。

提唱者のTanujAggarwal は、次のように述べています。 em>デジタル空間の急激な成長に伴い、市民のプライバシーとデータ保護のセキュリティのために、特定の改革の確立が非常に必要でした。 “

2000年の情報技術法とは何ですか?

サイバー法またはサイバーセキュリティ法の必要性に重点が置かれていたとき、インドでIT法を実施することが不可欠でした。このようにして、2000年の情報技術法[ 1 ]、またはインドサイバー法またはインターネット法としても知られるインドで施行されました。制定以来、インドのインターネット法は、すべての電子記録およびオンライン/電子活動を法的に認めるために起草されました。 IT法は、電子取引の成功に不可欠なセキュリティの重要な問題にも対応しています。インドのインターネット法は、デジタル署名を検証するだけでなく、デジタル署名を使用して受け入れおよび生成されたドキュメントの認証を行う方法も規定しています。

IT法はサイバーセキュリティ法であるため、サイバースペースを保護するために導入された情報技術法は、以下に基づいて改正されました。

  • インド刑法
  • インド証拠法
  • 銀行家の本証拠法
  • インド準備銀行

インドのサイバー法の主な焦点は、以下を防止することです。

  • コンピューター犯罪
  • 電子商取引における電子データの偽造&記録
  • 電子取引

2000年IT法これらは、サイバー犯罪に関する法律— 2000年のIT法、2008年のIT法に照らして作成されました。これらは、サイバーセキュリティ法を強化するために2009年の初めに施行されました。 2008年の情報技術法の変更には、通信デバイスなどの一部の用語の定義の変更が含まれていました。通信デバイスの定義の修正には、次のものが含まれていました。

  • 現在の使用法
  • デジタル署名の検証
  • IPアドレスの所有者にする責任がある
  • データ侵害に対して責任を負わせる

サイバー犯罪を防止する方法

インドのサイバーセキュリティ法またはサイバー法が保護を提供していることは間違いありませんサイバー犯罪から。しかし、予防は常に治療よりも優れています。したがって、サイバー犯罪を防ぐには、次の手順を実行する必要があります。

  • 一方的なテキストメッセージ —私たちは皆未知の番号からテキストメッセージを受け取ります。注意して、不明な番号からのテキストメッセージや自動ボイスメッセージに応答しないようにする必要があります。
  • 携帯電話でのダウンロード —信頼できるソースからのみ携帯電話にすべてをダウンロードします。
  • 評価とフィードバック —販売者の評価と販売者に対する顧客のフィードバックを常に確認してください。現在のフィードバックを確認していることを確認してください。また、100%売り手が好むフィードバックや、同じ日付のエントリがあるフィードバックにも注意してください。
  • 個人情報のリクエスト —全員が電話またはメールを受信して​​いる必要があります。その中で、反対側の人が個人情報を要求します。これには、カードのCVVまたは添付ファイルを含むメールが含まれ、埋め込まれたリンクをクリックする必要があります。このようなメールや電話には絶対に返信しないでください。

よくある質問:

知的財産とは何ですか。また、その保護方法は?

知的財産とは、ロゴ、デザイン、シンボル、キャッチフレーズ、本、スローガン、製品名、文学、企業など、あなたが考えた無形資産のセットであり、許可なく外部で使用することからあなたまたはあなたの会社によって法的に保護されています。著作権、特許、商標またはサービスマーク、企業秘密、ドメイン紛争、契約、プライバシー、雇用、名誉毀損、データ保持、管轄権など、知的財産の所有権と適切な配布に関するいくつかのサイバー法があります。

サイバー法の利点は何ですか?

  • オンラインビジネス向けの安全なEコマースインフラストラクチャ。
  • 契約書/書類にデジタル署名します
  • 認定機関向けの新しいビジネスを導入
  • 規定どおりにEフォームを上手に使用
  • デジタル証明書で保護されたウェブサイト
  • ウェブトラフィックを綿密に監視
  • 保護された電子取引
  • 電子メールは合法的な通信形式であり、法廷で承認されています。

MyAdvoはどのように役立ちますか?

MyAdvo は、クライアントの法務コンシェルジュとして機能し、弁護士の発見、価格の発見、およびケースの即時更新のためのテクノロジーソリューションを提供します。

の使用技術ソリューションでは、クライアントの要件をインドのサイバー弁護士と一致させます。インドのサイバー犯罪苦情オンラインの法律に従って適用される罰について誰が通知しますか。

MyAdvoの指標は専門知識に基づいており、経験、場所、料金など。

時間の経過とともに、クライアントを支援するためにあらゆることを行うよう努める専任の専門家チームを獲得しました。彼の法的状況と要件を理解することにより、十分な情報に基づいた決定を下すことから。

の法的アドバイスを、最高の法律専門家から [email protected] または、+ 91–9811782573までお電話ください。

外部リンク:

[ PDF ] 1820年に記録された史上初のサイバー犯罪について読んでください。

[ 1 ]情報技術法、2002年—インドのサイバー犯罪と電子商取引を扱う法律です。

[ 2 ] 2008年情報技術法—特にインターネットに関連する法的課題に対処する主なインド法は、2008年情報技術(改正)法です。

元々は https://www.myadvo.in 。作成者 スワティシャリーニ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です