ソフトウェアプロジェクトの遅延を無視してはならない理由

投稿日:

( 2020年10月23日)

ソフトウェア配信でチームが直面する最も顕著な課題と、プロジェクトを軌道に乗せるためにこれらの問題を管理する方法の提案を確認します。

今日のビジネスがデジタル化を競う中、ソフトウェア開発チームは新しい機能を高速で提供するというプレッシャーにさらされています。 。その結果、ソフトウェアプロジェクトの遅延は避けられなくなります。これらの遅延がソフトウェア開発ライフサイクルの「通常の」部分として扱われる場合、問題になります。単一の遅延が必ずしも大きな懸念の原因になるとは限りませんが、何度も発生する遅延は、より大きく、より危険な根本原因の症状であることが多いため、真剣に検討する必要があります。

ソフトウェア製品開発は複雑で動的なシステムです。バランスの取れたシステムでは、新しいリクエストが製品のバックログに追加されると、同じペースで、既存のリクエストが顧客が利用できる機能に変わります。着信要求のペースが発信機能のペースよりも速い場合、システムのバランスが崩れます。これを無視すると、この不均衡はさらに進行し、最終的にはシステム障害につながります。

実際によく見られる一般的な原因は次のとおりです。

楽観的すぎる計画

私たちは通常、本質的に楽観的すぎて、特定の期間にできることを過大評価しています。これは必ずしも悪いことではありません。ただし、頻繁に発生する場合は、締め切りに間に合わせることが真剣に受け止められていないことを示しています。重要なアジャイルの原則は、ソフトウェア開発者だけが労力の見積もりに責任と責任を負うということです。さらに、各アジャイルチームにとって、スプリントで行われることを約束された作業とスプリント後に行われた実際の作業との違いを追跡することは良い習慣です。目標は、チームが時間の経過とともにどれだけ正確に予測を行うかについての進捗状況を観察することです。

実装の複雑さを見落とす

新しいスプリント機能を計画するとき、実装中に発生する複雑さを見落としがちです。ただし、見過ごされがちな複雑さは、複雑なソフトウェア設計の直接の結果であることがよくあります。ソフトウェアの構造が複雑で、ソフトウェアモジュールが相互にどのように依存しているかについて明確なパターンがない場合、ソフトウェアがどのように機能するかを十分に理解することは不可能です。これにより、現実的な計画を立てることができなくなります。残念ながら、これを解決するのは簡単ではありません。ただし、ソフトウェアを改修および改善するための実行可能な方法を調査する必要があります。

予期しない優先度の高い欠陥

本番環境の欠陥(機能のバグ、パフォーマンス、またはセキュリティの問題)は確かに優先度が高く、すぐに対処する必要があります。しかし、この種の問題が頻繁に新しい機能の構築の妨げになる場合は、何かを改善する必要があることを示す憂慮すべき兆候です。これは、時間の経過とともに蓄積された重大な技術的負債(つまり、コード品質の問題)の症状です。この技術的負債の削減は優先度が高いはずです。そうしないと、システムの動作と開発の生産性がさらに深刻に低下する可能性が高くなります。

別のチームからの入力を待っています

ソフトウェア製品は通常、複数のチームによって構築され、1つのチームが別のチームに必要な入力を生成します。作業は、システム内で安定した情報の流れを可能にする方法でチーム間で分散する必要があります。他のチームを待つことによって引き起こされる遅延は、チーム間の依存関係を最小限に抑えるために、より良いチーム組織が必要であることを示しています。ここでは、優れた製品リーダーが中心であり、製品全体の進捗状況を監視し、優先順位を効果的に設定します。

このリストは確かに網羅的ではなく、ソフトウェアの配信が遅れる理由は他にもたくさんあります。それでも、頻繁な遅延は、少し速度を落とし、問題の根本原因を見つけて、システムのバランスを取り戻すための兆候です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です